最近の冠婚葬祭、永代供養について

バナー

最近の冠婚葬祭、永代供養について

時代の流れとともに様々な事が変化をしている中、冠婚葬祭の在り方も時代に合わせ少しずつ変わりつつあります。


かつて日本では、先祖のお墓を守るのは子孫の役目の一つとされてきました。

お盆やお彼岸等には、子孫がお墓参りをする光景は当たり前に見られるものでした。今でもそういった光景を見かけることは多くありますが、以前とは違った形での先祖への供養を行っている方もいらっしゃいます。



そのかつてとは違った新たな冠婚葬祭の形の一つが永代供養です。永代供養とは、先祖の供養をお寺等が子孫に変わって供養を行うものです。
今の時代は、核家族も増えており家やお墓を守るのは困難な状況になってしまっている方も増えています。

仕事等の事情により、生まれ育った土地から遠く離れた場所で生活を送っている方もいます。

先祖の供養は大事なことであり、きちんと行いたいという思いがあっても様々な理由でできないという方もいると考えられます。


そういった状況のために永代供養という新たな冠婚葬祭の形態が生まれ、様々な事情の方々のために供養を代理とはいえ心を込めて行っています。

産経ニュースの情報を見つけよう。

先祖を大切にするという日本の大事な文化を守っていくために生まれた新たな文化。


どのような形であっても、先祖を守り大切にしていこうという思いは、今も昔も変わりがないと考えられます。

無理をせず、自分自身に適した先祖の供養をするということで、負担を感じることなく心からの供養が出来るのではないかと考えられます。