冠婚葬祭で永代供養墓を選ぶ場合は

バナー

冠婚葬祭で永代供養墓を選ぶ場合は

葬式という冠婚葬祭は最終的に埋葬をすることになります。


そして、それは寺であったり、神社であったりしますが、基本的には墓が多いです。
但し、特定の宗派ではなく、公営墓地などに埋葬するときもあります。寺院では永代供養墓というのもあります。この永代供養墓とは、ずっと供養してくれる墓です。
当然ですが、子孫が墓参りをするわけですが、様々な理由で血筋が途絶える場合があります。

或いは、子ども、孫あたりまではいいとしても、それ以降の子孫が不義理で墓参りをしない人も多くなるときがあります。

そうしたことが嫌な人が永代供養墓地を買うわけです。

合祀であるときもありますし、一つ一つ独立したものであるときもあります。


それはその墓次第であるといえます。



冠婚葬祭は儀式であり、その一つが葬式であるわけですが、それでも供養は何度も行く必要があるのです。


それが弔いであり、一度やればよいわけではないです。



だからこそ、永代供養墓を選択するのは賢明であるときもあります。

今すぐ使えるAll Aboutのことならこちらをご活用ください。

冠婚葬祭にはとにかく費用がかかります。


但し、永代供養となりますと一度にはそれなりの金額を支払うことになりますが、長期的に見れば安い場合もあります。
それに永代供養にしたからといって、墓参りが出来ないわけではないので、そこは心配しないでよいです。
ちなみに場合によっては、三十回忌までなどの条件がついていることもあります。

そこは契約次第ですから、欲確認刷るべき点になります。