冠婚葬祭は自分で選ぶ時代

バナー

冠婚葬祭は自分で選ぶ時代

人が生まれてから亡くなり、その後行われる物まで含めた家族的催し物をまとめて冠婚葬祭と言い、冠婚葬祭の冠は成人式、婚は結婚式、葬は葬式、祭は法事やお盆の事を指します。

そんな冠婚葬祭の中でも葬、葬式は生前に本人が決められる物もあり、様々な形があります。

日本では墓地に遺骨を埋葬した後は墓石を建てるのが一般的ですが、樹木葬と言って行政の許可を取った墓地に遺骨を埋葬した後、遺骨の周辺にある樹木を墓標にする方法が1999年からはじまりました。

神奈川の樹木葬の基礎知識をご説明をしたいと思います。

遺骨を埋葬するたびに新しい苗を1本植えるケースと墓地の中央にシンボルとなる樹木を植え、その周辺を区画して埋葬するケースがありますが、どちらのケースでも、樹木は大きくならない低木が一般的で花ミズキ、サルスベリ、ウメモドキ、エゾアジサイ、紅葉等が用いられます。

一般的に墓石を購入すると200~300万前後ですが、樹木葬の場合は安くて30万円前後から購入可能で高くても80万円程で永代供養でも管理費不要の場合が多いです。

wikipediaの情報を調べてみましょう。

また、永代供養や永代使用をする場合でも、その土地は霊園やお寺の所有なので我々は土地を永代に渡って借りているということになり、継承者ありきというのが前提です。

しかし樹木葬は永代供養でも継承者なしなので核家族化の進んだ今継承者がいない人にもおすすめです。



更に、自然葬のひとつであり、家や宗教に縛られずにゆっくり眠りたいという人の支持も集め、近年注目を集めています。